SAKURA WOMENS CLINIC

GYNECOLOGY

婦人科

婦人科イメージ

GYNECOLOGIC OUTPATIENT

婦人科外来イメージ

たとえば…
生理が来ない、生理不順、不正出血、生理痛など生理に関するご相談…
おりものの異常、かゆみ、性感染症が心配…
避妊の相談、ピルについて、緊急避妊…
生理の予定を変更したい…
子供ができにくいかも…

更年期の健康相談…
子宮筋腫、子宮内膜症、卵巣のう腫…

診察、検査を受けてはじめてわかるものもあります。
内診が苦手な方もご相談に乗れます。一度、受診にいらしてください。

GYNECOLOGIC EXAMINATION

子宮がん検診(子宮頚がん、子宮体がん)イメージ

子宮がん検診(子宮頚がん、子宮体がん)

子宮がんには、子宮頚がんと子宮体がんがあります。 子宮頚がんはヒトパピローマウイルス(HPV)が子宮頚部(子宮の入り口の部分)に感染することで発症します。このウイルスは性交渉で感染するため性交渉の経験のある方は、若い方でも子宮頚がんの発症の危険があります。 一方子宮体がんは子宮の中の内膜から発生するがんです。 ホルモンのバランスの乱れが子宮体がんのリスクになります。不正出血や月経不順のある方、中高年の方に特にお勧めいたします。

子宮卵巣超音波検査(卵巣がん、その他)イメージ

子宮卵巣超音波検査(卵巣がん、その他)

卵巣がんも初期はほとんど症状はなく、症状が出て進行した状態で見つかることが多いがんです。 検診として子宮卵巣超音波検査が有用です。子宮がん検診と一緒にぜひ超音波検査もおすすめします。 また子宮筋腫や卵巣のう腫、子宮内膜症など婦人科の疾患についても同時にチェックできます。

CONSULTATION ON CONTRACEPTION

避妊の相談イメージ

低用量ピル

用量ピルは体調が安定していて飲み忘れさえなければ、避妊法の中ではほぼ100%に近い最も高い避妊率を誇ります。 また避妊以外にも以下のような副効用もあります。
 ・生理周期が安定する
 ・子宮体がん、卵巣がんなどのリスクが減る
 ・生理の出血量が減り、生理が軽くなる
 ・ニキビや多毛症が改善する
 ・子宮内膜症の改善、予防効果がある。

飲み始めの時期、吐き気、頭痛、不正出血、乳房の張り、倦怠感といったマイナートラブルが起きる人もいますが、服用を続けるとだいたい3か月以内でおさまります。重い副作用として、日本人には稀ですが、血栓症、心筋梗塞、脳卒中になるリスクが少し高くなるといわれています。基礎疾患や家族歴などで、リスクの高い人は服用できないこともあります。

料金 1ヶ月2,500円(税別)

子宮がん検診(子宮頚がん、子宮体がん)イメージ

モーニングアフターピル(緊急避妊)

性交渉後72時間以内に服用すると、避妊効果が得られるピルです。 早く服用するほど避妊効果は高いですが、100%の避妊を保証するものではありません。モーニングアフターピルはあくまでも緊急時の手段です。普段からのより確実で継続的な避妊法をお勧めいたします。

料金 1回 10,000円(税別)

VACCINATION

風疹ワクチンイメージ

風疹ワクチン

風疹とは、風疹ウイルスによっておこる急性の発疹性感染症で、流行は春先から初夏にかけて多くみられます。
主な症状として発疹、発熱、リンパ節の腫れが認められます。発疹のでる2-3日まえから発疹がでたあとの5日くらいまでの患者さんは感染力があると考えられています。
感染力は、麻疹(はしか)や水痘(水ぼうそう)ほどは強くありませんが、妊婦、特に妊娠初期の女性が風疹にかかると、胎児が風疹ウイルスに感染し、難聴、心疾患、白内障、精神運動発達遅滞などをもった、いわゆる先天性風疹症候群を惹き起す可能性があります。
妊娠中は風疹ワクチンは接種できませんので、これから妊娠出産を控える女性にぜひ接種をお勧めします。また風疹ワクチン接種後は2ヶ月間避妊が必要です。

料金 6,000円(税別)

風しん抗体検査及び予防接種を公費(無料)で受けることができます。
・妊娠を予定又は希望している女性(目黒区在住の方)
・妊娠を希望している女性又は妊娠している女性と同居しているかた
詳細はこちら | »

インフルエンザワクチンイメージ

インフルエンザワクチン(10月~)

インフルエンザワクチンは接種してから実際に効果を発揮するまでに約2-3週間かかります。
流行期間が12~3月ですから、11月中旬頃までには接種を終えておくとより効果的です。
早めの接種をお勧めいたします。また、流行してからの接種は、抗体価が十分上がる前に感染する危険性がありますが、抗体価が上昇していれば症状が軽くなります。

料金 3,500円(税別)

診療科のご案内

トップへ戻る